夏の必需品として使えるポロシャツの着こなし方のポイント

ポロシャツ

ニュース一覧

ポロシャツの着こなしは難しい


私はあまりお洒落ではありません。夏はTシャツをを着ていればいいし、秋はネルシャツ、冬はパーカーを着ていればいいと思うほどです。でも最近は妻にポロシャツをプレゼントされてからはポロシャツに興味が出ましたがこれが中々素人の自分には難しいです。キャップとハーフパンツとポロシャツの上下一式をプレゼントされましたが、夏はいいですが秋や冬はポロシャツの上からチェックのネルシャツは大丈夫なのかということです。
ネルシャツには既に襟がついているのでその下にポロシャツの襟があるのはなんだか自分の中ではおかしく感じて仕方有りません。そしてその場合前は開けた方がいいのか閉めた方がいいのかという疑問も残ります。次にパンツとの組み合わせです。秋冬はデニムしか履かないので貰ったポロシャツの柄がデニム色なのでこれは平気なのかということです。明るい色のパンツと暗い色のポロシャツなので有りと言ったら有りですが遠くから見たら全身デニム人間に見えないか不安です。
最も難しいのは靴です。夏はサンダル冬は雪が降るのでブーツを履くのですが綺麗っぽい感じのファッションスタイルにしか合わなさそうという自分の勝手な考え方なので靴を新たに買わないといけなくなるのか不安です。今までお洒落してこなかったツケなのですがポロシャツは40歳を越えると中々ハードルが高いです。でもプレゼントされたからにはオッサンなりに勉強をして楽しもうと思います。

ポロシャツの選び方

夏の定番ファッションであるポロシャツ。定番であるからこそその選び方にはさまざまなポイントがあります。今回、サイズと色について選び方をご紹介します。まずサイズです。最もよいサイズはぴったりのサイズです。もしくは少しタイトなほうが良いでしょう。
サイズの目安は肩幅が揃っていることと、着丈が腰のあたりに来ることです。ポロシャツは1枚で着ることがほとんどなので、しっかりと身体にフィットするサイズを選ぶとだらしない印象がなくなりきれいめカジュアルに着こなすことができます。次に色です。初めてポロシャツを買う場合は白や黒、ネイビーなど定番の色が良いでしょう。
特に白は、爽やかな印象を与えますし、着まわしがしやすい色です。ボトムスにどんな色を持ってきても大抵合わせることができるのでおすすめです。ただしシンプルになりがちなので、アクセサリーや襟のデザイン、ワンポイントで個性を出すとより上級の着こなしができます。
黒やネイビーは色味が強いので、ベージュやグレーなどメリハリのついたボトムスと合わせるのがおすすめです。全体的に重くなりがちなのでシルバーのアクセサリーなどを入れるのもおすすめです。ポロシャツの選び方についてご紹介しました。参考にしてみてください。

ポロシャツを着こなすポイント

カラーやコーディネートによって、カジュアルにもキレイめにも着こなせるポロシャツの着こなし方についてご紹介します。まずはカラーの選び方。カジュアルに着たいなら、グリーンやホワイト、ピンク系など明るめの色を選ぶといいでしょう。ジーンズやカーゴパンツと合わせると、お出かけの際のオシャレコーデが楽しめます。
暖色系は少し勇気がいりますが、個性を出しやすい色味なので思い切ってジーンズと合わせるといつもと違った印象を与えられます。キレイめに着たいなら、ネイビーや黒など落ち着いた色を選ぶといいでしょう。中でもオススメは白パンツとネイビーポロシャツのコーデ。トップスは落ち着いた印象ですが、下に白を持ってくることで夏にもOKな爽やかコーデに仕上がります。
二点目はコーディネートのアレンジ。例えば、意外にもマッチするのがジャケットを上に羽織るコーデです。ベーシックな色味のポロシャツを選べば、ビジネスシーンでも活躍してくれます。ポロシャツのボタンを閉めるかどうか迷う人もいると思いますが、とにかく洗練された自然でオシャレな着こなしをしたい人には、第一ボタンだけ開けて着るのがオススメです。
カジュアル過ぎず、でも少し首回りに余裕を持たせることでナチュラルなイメージに仕上がります。休日にも仕事にも着れるポロシャツは、様々なシーンで活躍してくれること間違いなしです。

オリジナルポロシャツ製作にかかる費用を把握して無駄なく作成

クラブやサークルでオリジナルポロシャツを製作することも多いのではないでしょうか。ポロシャツは生地選びにこだわりを持ちましょう。肌触りで選ぶならやわらかい薄手のコットンがおすすめです。汗をかいてすぐに乾くことを求めているなら、ポリエステル素材を選ぶと良いでしょう。また、生地の織りかたでも着心地がかなり違います。おうとつがはっきりしている織りかたほど汗によるベタつきを感じにくくなるので爽快です。夏でも快適に過ごせるように、通気性も考慮しましょう。目が詰まっている生地ほど風通しが悪く蒸れやすくなります。スポーツ目的で製作するのであれば、目が詰まり過ぎていないものを選ぶのがベターです。また、プリント方法もさまざまなものがあるので、事前にそれぞれの特色を知っておきましょう。製作時間がない場合はスピーディーに仕上がるプリント方法、美しいデザインを持続させたいなら色あせしにくい方法、全体に柄を入れたいなら転写プリントというように、それぞれに合った方法を選択するのがベストです。また、オリジナルポロシャツ性格の平均的な費用を知っておくことも重要なポイントです。まったく無知だと必要以上の費用がかかってしまうこともあるので気をつけましょう。

ピックアップ

TOP